有限会社 宮崎建設

福井県小浜市(オバマ市)の住宅・新築・リフォームの宮崎建設です。小浜の注文住宅、デザインリフォームなど

お問い合わせ

会社案内

福井県小浜市の新築・リフォーム
福井県小浜市福谷5-19

TEL:0770-52-7124
FAX:0770-52-6223

 

事業地域

福井県小浜市を中心に高浜町、若狭町、おおい町など近隣諸地域

 

my Reform Recipe

 

HOME»  ブログ記事一覧»  本・文具

本・文具

  • 件 (全件)
  • 1

走ることを改めて考える

自分で言うのもなんですが、小さい頃から運動はできたほうでした。

短距離は遅かったですが、長距離はそこそこ走れた。

中学校では全国中学校駅伝大会に選手として出場したこともあります。

小学校ではサッカー

中学、高校はバスケットに明け暮れた日々でした。

大学や働きだしてからも、ジョギングやランニングは、不定期ではありますが続けていました。

走ることは身近なことであり、深く考えることもなく、当然のように「今日は3キロ走ろう」というような感じでした。

といっても、これまで定期的に走っていたわけではなく不定期です。


先日のブログでも書きましたが、今年は「走る」と決めました。

1月は毎日走りました。

オーバーワークなのは感じてましたが、いろいろあって1月はどうしてもやり続けたかったのです。

案の定、足首に少し疲労が溜まり、痛みが出ました(^^;

何年ぶりかという整形外科で診察してもらうと3週間程度の安静とのこと。

関節の痛みなので、レントゲン撮ってほしかったな~と思いつつ

病院に行くと、痛みがなくなるっていうのは病院あるあるですかね(笑)

2週間が過ぎ、来週からぼちぼち走ってみようかと思っています。

でもまだ傷みが残っているので、悩み中でもあります。

ずるずると長引くのは嫌なので、走りたい気持ちをぐっと我慢しています。


そんなこともあって、やはり10代20代とは違う30代の体(^^;

運動するのには体のことも考えてあげなければいけないようです。

ランニングシューズの性能や、走ることについての知識をつけようと思いました。

本屋で何気なく見ていると



ふと目について、パラパラと読んでみると今の自分にちょうどわかりやすい。

「マンガでわかるシリーズ」にはやられまくりですね(笑)

ついつい手に取ってしまう、狙い通りのマーケティングに見事にはまってます。

イラストもわかりやすく、間に挟まれる文章量もちょうど読みやすい。

専門的に深く掘り下げた内容ばかりではなく、わかりやすく解説されています。


学生以来運動していない30歳女性

日頃から走っていて一度フルマラソンに出場して惨敗した30代男性

フルマラソン経験も何度かあり4時間切りを目指す50代男性

といったように、読む人がだいたい自分はここかなと当てはまるように設定してあります。


私がこの本で今まで気にしていなかったけど重要だと感じたのは「ストレッチ」

運動前後だけでなく日頃からストレッチをして筋肉を柔らかくしておくことの重要性がわかりました。

言われてみれば、衝撃吸収について固いより柔らかいほうが柔軟に衝撃を吸収できるのは当然ですよね。

ストレッチをして筋肉を柔らかくしておくと、故障もなくなるということでした。

本読んでから、走らない日でも筋トレ終了後などに、本に載っている6つのストレッチをやることにしました。

すぐに実感はわかないでしょうが、だんだんと体が変わっていけばと思います。

大人になるとどうしても運動が少なくなりますが

私の経験から運動不足になると、体の新陳代謝も悪くなり、免疫機能も落ちると思います。

実際に私は、数年前、ほとんど運動せず体重も増えた時期、

冬になるとは、風邪を引き、咳が長引いていました。

2年か3年ほど、そんな時期が続き、これではいかん!と思い

ウォーキングから始め、ジョギング、ランニングと1年ほど続けたところ、

その年の冬にはまったく風邪を引かなくなりました。

そんな経験から、やっぱり運動は必要だと実感しています。

今年はジョギングと筋トレを続けていきたいと思っています。

そして10年以上やっていないバスケットもちょっとずつ再開できたらなぁ・・・と密かに思っているのすが

それはまた別のお話。

2018-02-22 10:30:52

コメント(0)

ちょうどいいホッチキス!

仕事でホッチキスをよく使います。

やっぱり書類や図面を綴じることも多く

各種手続きがオンラインのデータでやりとりできるようになったとはいえ

やはり紙で提出することもまだまだ多い。

この業界、図面やその他資料をまとめるとけっこうな厚みになります。

普通のホッチキスでは綴じきれないことも(貫通しない!)多々あります。

なので以前は、大きいハリのホッチキスを買って使用していましたが

これがまた、ハリが大きいのと、綴じるのに力がいるのと

逆に薄い書類を綴じる時には、ハリがごっつすぎて、自己主張がハンパない(笑)


そんな時に巡り合ったコレ!



ホッチキスで有名なマックス社さんの「バイモ11」!

  マックス ホッチキス バイモ11 ポリゴ 40枚とじ ブルー HD-11SFLK/B

これが素晴らしくちょうどいいのです!

ハリは少し大きめの専用ハリが必要なのですが

ハリの大きさや太さは、通常のハリとほぼ同じ!

綴じる時にいる力も通常のホッチキスとほぼ同じ!

それでいて、40枚までストレスなく、簡単にガチャっと綴じれるのです!

これを手にいれてから、書類綴じる際のストレスはほぼ皆無です。

めちゃくちゃ快適です。

少ない枚数も、多い枚数でも綴じても、違和感のない見た目と綴じ心地。

おススメ文具のひとつです。


そんなかわいいバイモが、綴じた後に引っ掛かって戻らなくなることが多くなりまして…

買い換えるのももったいないので、マックスさんに解決策はないかと問い合わせ。

油でもさせば直りそうやけど、場所を間違えたらひどいことになりそうで(笑)

電話に出たカスタマーサポートの方によると

油等はさしてはダメで、引っかかるということは組み方の不良かもしれないので

着払いで送ってくださいとのこと。

そんなわけで本日、いつも通り感謝の一言を添えてバイモを郵送してきました。



元気になって帰ってくる日を待ちたいと思います。

ほんとに、このホッチキス使うと他には戻れないです。


2016-03-24 21:34:08

コメント(0)

卓上のお手軽掃除機!

パソコンでの仕事が多くなったとはいえ

まだまだ、私は手書きでノートや紙に書くことも多いです。

図面の下書きだったり、考えをまとめたり

TODOリストをノートに書いたり、お手紙書いたり・・・

文具好きなので、シャーペンや鉛筆を使うことも多く

何より、お気に入りのシャーペンや鉛筆を使うと気分が上がります。

ゆえに消しゴムを使う機会もそれなりに多く、

以前は羽根ぼうき(これも味があって好き)で消しカスを集めていたのですが

ここ2年くらいこれを使うようになってから、手離せなくなった文具があります。

それがこれ!



ミドリ ミニクリーナー 青

以下はミドリさんのHPです。
詳しくはこちらを ミドリ 商品紹介 ミニクリーナー

私のはⅡで少し前の方なので、近頃のはもっとポップな感じですね。
卓上にあっても楽しそうです。

個人的には、スケルトンはあまり好きではないですが
このⅡのスケルトンはゼンマイ部分が見えることで働く感じがわかって好きです。

どういうものかをいうと、
そのまま、卓上でこれを転がすと、ゴミを掃除してくれるのです。

ちなみに消しカスだとこんな感じ。



ゴミの上を手で押して すぃ~っとやると



一回でけっこう取れます。

何度か往復すれば、ほとんど残りません!

なかなか優れものですよ(^^)

おススメの一品です。

ミドリ ミニクリーナー 青

2016-03-18 09:41:04

コメント(0)

好奇心を「天職」に変える

今年になって始めて買った本です



以前 NHKのTEDというスピーチ番組を観たことで、この方を知りました。

「どーせ無理」をなくしたい

この言葉が気になって、すぐに観ました。

私も以前は「これは無理かなぁ」とか「難しいかなぁ」なんて
けっこう気楽に思い浮かべてしまう時もありましたが、
これを観てそれをすっぱりやめました。

「無理」とか「でも、だって、どうせ」という言葉は
自分にブレーキをかけてしまう言葉だと思います。

自分で自分をそこに留めてしまうなんてもったいない。
自分を動かすのは自分です。
どこまでやれるか、どこまで行けるか、それは走りながら考えればいいと思います。

先日、フェイスブックで見かけた言葉。
まったくその通り。別に特別な言葉ではない。
でも、目に見えるようになってないと忘れてしまう。
なので保存しておいてたまに見ています。

今年の目標のひとつに

「自分の時間を意識して行動しよう」 というのを掲げました。

ひとつひとつの行動にどれくらいの時間がかかるのかという単純なこと
今という時間は、ほんとに今しかないって普遍的なこと
そんなことをしっかり意識していこうと思います。

冒頭の本はこれから読むのが楽しみです。


TEDでのスピーチ、リンクしておきます。
ぜひ一度ご覧ください(^^)
Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo


2016-01-07 09:29:08

コメント(0)

りんごかもしれない?

今回はおもしろい絵本の紹介です(^-^)b

「りんごかも しれない」


子供と立ち寄った本屋さんで見かけて
イスのある本屋だったので、ちょっと腰かけて読んでみると・・・
すごくおもしろくて、買ってしまいました!



ある日、帰ってきたら机の上に何かを発見。
まぁ、普通に「りんご」です。

しかし、この本はここから素晴らしい展開を見せます。


これはほんとに「りんご」なのか!?
もしかしたら・・・という可能性をとことん展開していくという話なのですが
4コマ目の

自分から見たらりんごだが、反対はみかんかも?

なんて、日常でもすごく大切なことだと感じませんか?
モノではなくても人もそうだし、
一方的な見方だけではなく
多角的なモノを見方をするということを改めて気付かされる一冊です。



まるまった魚て(笑)

これはほんとに最初の方で、
ここから一冊まるごと、
これはほんとにりんごか?と疑い続け
「りんごではなくて ○○かもしれない」が繰り広げられていきます。

大人になって固定観念が固まりつつある頭に刺激的です。
子供より大人が楽しめる本かもしれません。

うちの場合は、娘(4歳)はおもしろいと言って読んでますが
息子(7歳)はいまいちピンときてないようでした(笑)

もしかしたら、子供にするとこんな発想はまだまだ普通にある範囲なのだろうか
それとも単に何がそんなにおもしろいかわかってないのかもしれませんね。

大人になるとこんな発想が「お~っ」となるけど・・・(^^;
子供からしたらまだまだ普通の発想なのかな~

とにかく、楽しい本です。
見つけた際は、ぜひお手にとって読んでみてください。

2015-10-13 08:13:10

コメント(0)

絵本・八方みらみねこ

夜寝る時に子供に読み聞かせをします。
図書館で絵本を数冊、借りてきて、その日の気分で選びます。

昨夜の絵本は「八方にらみねこ」



表紙の目力に惹かれてジャケ借り。

特に内容は気にせず借りました。
しかしこれまでジャケ借りした中では一番のヒットでした。

いや、子供の受けがすごかったのではなく
そこはいつも通りだったのですが、
私的には内容が素晴らしくヒットしたのです。

一匹の子猫の話です。
冬の寒い日に老夫婦に拾ってもらった猫、
老夫婦の仕事はカイコを育てること
しかし、カイコを食べにねずみがやってくる
猫はネズミを追い払おうとするが
ねずみに、なめられてやられてしまいます。
大切に育てたカイコを食べられ、老夫婦はひどく落ち込みます

優しい老夫婦のために
猫は修行のたびに出ます。
やまねこに弟子入り志願をするのです

そしてやまねこの出す厳しい試練を乗り越え
一年の月日を費やし、ついに
八方にらみの術を体得し、ねずみの大群をにらみ殺すのです。


絵本だからこそ、さらりと読めますが
この内容だったら、小説にもできそうなお話だと思います。

まず私がいいなと思ったのは
子猫が挫折を味わい、
そして乗り越えるべく
自ら最善と思われる方法を選び、
そしてその難しい試練に打ち勝つまで
けっして弱音を吐かず、
努力し続けるその姿に心を打たれました。

試練に耐え、強くなっていく、向上していくその姿。
最初はかよわい子猫の顔が、
ページをめくるごとに変わっていく様子は
読んでいて頼もしいものでした。

それを絵で表現できるのも素晴らしいと感じます。

そして何より、この子猫のベースとなっているものは
優しい老夫婦のために、がんばろうという気持ちです。

科学繊維などない時代
昔の養蚕業は今よりもすごく大変だったそうです。
重労働で、休む暇もなかったとか、
そしてねずみによる被害が大きく、猫もねずみ退治の一役を担っていました。

ねずみにやられ、そこで落ち込むのではなく
やられてすぐに決心します

「ねこだというのに、こんなことでは情けない
 ねずみどこも怖がっていた やまねこさまに 
 にらみの術というのを おそわろう」

とその日のうちに深い山へ旅立っていきます。

すぐに行動を起こすことや
老夫婦のために、そして自分が強くなるために、
試練を乗り越えた子猫の様子に心を打たれました。

最後にあった、ねみずよけのお札に描かれた子猫の姿。
今では私のスマホの待受画面になっています(^^)

2015-09-24 13:47:01

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1