有限会社 宮崎建設

福井県小浜市(オバマ市)の住宅・新築・リフォームの宮崎建設です。小浜の注文住宅、デザインリフォームなど

お問い合わせ

会社案内

福井県小浜市の新築・リフォーム
福井県小浜市福谷5-19

TEL:0770-52-7124
FAX:0770-52-6223

 

事業地域

福井県小浜市を中心に高浜町、若狭町、おおい町など近隣諸地域

 

my Reform Recipe

 

HOME»  ブログ記事一覧»  リフォーム

リフォーム

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

O様邸増築工事完成

昨年から工事させていただいたO様邸の増築工事が完成しました。

内装工事に加えて、耐震と断熱改修工事も行いました。



外観ビフォアー



外観アフター。



内装はO様の好みとセンスで、ブラック&ホワイトのメリハリがきいたパキっとした空間になりました。



テレビ台や



デスク廻りは、打合せを重ねて、納得いく場所ができたと思います。



デスクの窓からは近隣の山と川。

奥には黒板調の壁紙で掲示板を。



洗面台は定番の実験用シンクと水栓。



上部には棚も設置。



寝室には小さいながらも書斎スペースを作りました。

その他にも見どころいっぱいのO様邸、

物置だった離れを住居スペースへの改装工事。

これから始まる家族の生活が楽しく幸せでありますよう願っております(^^)

 

2018-04-03 13:52:38

コメント(0)

造作棚

嶺北ではかなりの積雪になっているようで心配です。

こちら小浜ではそれほどでもなく今日も一日いい天気でした。

現場では大工が造作棚の設置工事をすすめています。



テレビ台です。



洗面室の上部に棚と洗濯機の上にも棚板を。



反対側に洗面台横になるところにも棚。



そして玄関入ったところに小さな棚。

使いやすくするために、お客様からの要望はなるべく共有して実現していこうと思っています。





こうしたパースなどで提案を見ていただき、

形や寸法、引き出し、扉などを打合せして決めさせてもらうようにしています。

 

2018-02-06 16:32:34

コメント(0)

O様邸増築工事

O様邸の増築工事の上棟となりました。

お話をさせていただいてから、長らくお時間いただき本当にお待たせいたしました。



既存の2階建は躯体を補修してそのまま残し

玄関部分やリビング部などを増築しました。



調査や測定などは行って図面を描き、それに基づいて大工が木材を加工します。

今回は弊社大工の手刻みで加工しました。

リフォームや増築は、いざ現場にならないとわからない部分もあり

図面通り、加工した木材がしっかりと納まるかちょっと心配でもあるのですが

今回もきっちりと納まりました。

建てながら、長さや仕口の加工など微調整も出てきますが

それもその場でささっとやれる大工はやっぱりすごいなと思います。

 

2017-11-01 18:59:26

コメント(0)

緊急!床補修工事

先日、以前新築工事と本屋リフォーム工事をさせていただいたK様からお電話がありました。

「洗濯機を置いている床がぶかぶかしているので一度見てもらえないか」とのこと。

さっそく伺って見てみると



確かにクッションフロアが波打っているのがわかります。

触ってみると、明らかに下地の合板がボロボロなのがわかります。

洗濯機の配管よりたまに水があふれていたということで

そこから水が廻ったのだと思われます。



めくってみると、やはり配管廻りを中心としてボロボロに腐っていました。

もっと腐食が進むと、床が落ちていたかもしれません(^^;



配管横の土台もボロボロです。

土台と基礎の間に通風口がなく、湿気が籠ってしまったのも原因の一つです。

この部分が袋小路になっていて、他の床下から入ってきた空気が抜ける場所がない状態でした。



床を直すだけの予定でしたが、土台も交換することにしました。



さすが大工さん、さくっと交換終了です。

土台の下に黒いヵ所が見えます。

今回、新築で使う土台パッキンを使って、通風口を取ることにしました。

これで、外部に空気が抜けるので、ここで空気が籠ることがなくなることでしょう。



床材を貼って工事終了です。

床の張り替えだけなら1日程度で終了でしたが

土台交換に伴ってサッシの取外しなども増えたので、1日半で終了となりました。

今回、床下の通風が不十分だったことで湿気が籠ってしまったのも原因ですが

もうひとつ、原因がありました。

それは洗濯機の排水ホースを、配管に深く差しこみ過ぎていたことです。

おそらく60㎝ほどはあったでしょうか、

あまり深く入っていると、そこから水がうまく流れず排水が逆流して戻ってくることがあります。

洗濯機の排水ホースは10㎝ほど入っていたら十分ですので、お気を付けください。




ついでにというわけでもないですが、壊れた波板ポリカの補修も同時にさせていただきました。

 

2017-09-05 11:27:46

コメント(0)

お水送りと神棚設置

3月2日、今年も若狭小浜の冬恒例神事「お水送り」が開催されました。

日中は天気もよかったのですが、天気予報どおり午後からは天気が崩れ夕方から雷雨となりました。

神事の最中も雨でしたが、境内で護摩壇に火が点けられると雨も上がり

夜空に大きく火柱が上がりました。



手松明の行列が境内から続き、列をなす様子は毎年のことながら夜の闇の中にキレイです。

私は例年どおり地元消防団で出動なので境内の警備と、火の後始末。

暗い中を移動する人達の足元を照らすのも、毎年恒例です。

今年も無事終了して一安心です。


時を同じくして、プチリフォームといいましょうか、

壁に神棚を取り付けてほしいという依頼もちょこちょことあります。

今回は以前、音楽室をリフォームさせていただいた高浜町のS様からのご依頼。



大工の村田君、出動です。



壁の下地があったので、比較的施工もスムーズです。



神棚をおさめさせていただき



完成です。

2017-03-04 10:36:48

コメント(0)

蔵白壁補修完成

N様邸の蔵白壁補修が終わりました。

台風が来ていることを考慮して左官屋さんが日曜日も仕事をして仕上げてくれました。



ぼろっと剥がれていたヶ所も



すっかりキレイになりました。



何か所が割れて亀裂が入っていた壁も

前面キレイになりました。

今回はほぼ4日ほどで施工完了しました。

左官屋さんの壁を塗るコテさばきはいつ見てもリズミカルで楽しいです。

 

2016-09-07 08:23:01

コメント(0)

蔵の壁補修

以前、リフォーム工事をさせていただいたN様よりご連絡をいただいて

蔵の白壁補修をさせていただいています。



白壁が落ちてしまっているヶ所と

横には割れているヶ所があるので、2面の上塗りを施工です。



壁が落ちるので、足元はシートを敷いて掃除しやすくしています。

左官屋さんも残っている白壁を上手にめくって袋に入れてくれました。



ひび割れのヶ所はやはり下塗りから影響していました。

少し掘って下塗りを塗り直して補強です。

天気もよく、風も涼しくなってきたので外仕事も気持ちよい時期になってきます。

 

2016-09-01 09:10:37

コメント(0)

階段手すり取付をさせていただきました。

今日の午前中、ご依頼いただきました階段手すりの取り付け工事に伺いました。

朝から大工の村田君と二人で取付作業開始です。



手すりを取り付ける際に、壁の中に下地になる木材があるかどうかを

探すのがポイントになります。

これがすんなり見つかると、問題なく作業が進むのですが、ないとちょっと大変(苦笑)

今回はすんなり見つかり、等間隔に入っていたので一安心です。

よりしっかり取り付けるために、ガイドバーを設置して、そこに手すりのブラケットを取付です。







登り口と降り口が回り階段になっているので、

どちらにも縦に手すり棒を設置することにしました。

こちらを持って階段を廻って、持ちかえます。

登るときも力を入れやすいし、降りる時もつかまれます。



取付を終えて、自分達でも何度か往復して、使い勝手を確かめます。



滑り止めも設置して、今回の工事は終了。

時間にして3時間ほどでした。

階段の形状によって、かかる時間はかわりますが

だいたい、2時間から半日ほどで工事は終了します。


手すりのみの取付工事も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね(^^)

 

2016-04-04 14:52:16

コメント(0)

階段手すり現場調査

先日の展示会でご来場いただいたお客様より

「階段の手すりを付けられるかみてください」

とご依頼をいただき、月曜日にさっそく現場を見させていただきました。



建売住宅ということでしたが、手すりは階段のどちらにもありません。

登るときはまだいいが、降りる時に、必要ということで

いつもどのように上り下りしているかをヒアリングすると同時に

実際にどのあたりに手すりが必要かを教えていただきました。



廻り階段となっていて、できれば内側に取付をすることになりました。

ポイントは2階床高と、階段との段差、そして降りる時にどのように手すり棒が必要になるかです。

2階壁に、少し余裕を持たせた手すりを設置する提案をさせていただこうと思っています。


最近は新築で階段の手すりを取り付けない家はなくなりましたが

まだまだ、ついていない家もあるようです。

手すりだけの取付やご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください(^^)

 

2016-03-28 08:39:00

コメント(0)

磨いても経年の良さは続く

S様邸リフォーム工事では
柱や鴨居など、そして建具を洗いました。
洗ったといっても、水かけてじゃぶじゃぶってことではないのですが

やすりかけて、汚れを落として
専用の薬剤など、4工程ほどかけて丁寧に磨いていきます。

30年以上を経て黒ずんだ木部をキレイに。

木材は場所によって様々な経年変化をします。
新しい材には出せない良さがだんだんと出てきます。
汚れた部分はキレイにしてあげれば、
また新しい時を重ねていきます。

今回は室内側だけの磨きになりましたので
その違いがよくわかりました。



中央の柱、さらにそのまん中から右が磨いた方です。
こんなにキレイになりました(笑)
廊下側は、床を張り替えただけだったので、今回はしないことになりました。

建具も同じように磨いてキレイになりました。

でもだからといって、ピカピカし過ぎておかしいかといえばそんなことはなく



落ち着いた色合いになって、気持ちよかったです。

歳を重ねた落ち着きといいますか、磨いても汚れだけ落ちて良さが残った感じです(^-^)♪

2015-11-24 19:16:54

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2