有限会社 宮崎建設

福井県小浜市(オバマ市)の住宅・新築・リフォームの宮崎建設です。小浜の注文住宅、デザインリフォームなど

お問い合わせ

会社案内

福井県小浜市の新築・リフォーム
福井県小浜市福谷5-19

TEL:0770-52-7124
FAX:0770-52-6223

 

事業地域

福井県小浜市を中心に高浜町、若狭町、おおい町など近隣諸地域

 

my Reform Recipe

 

HOME»  ブログ記事一覧»  建築士会、他

建築士会、他

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

職人の技

先日、建築士会青年部のイベントの取材で

久しぶりに小浜の町歩きをしました。

そこで見付けた当時の職人さんの技に感動しました。



この階段は畳半畳分、つまり約90センチ角の中で作られています。

手前の手摺(?)があるので、持ちながらであれば上下は可能でした。

半身をひねるように登っていく、この方法、よく思いついたなと思います。

畳一畳分の急な階段はたまに見ますが、半畳での階段は初めて見ました。



通りを歩いていると、二階窓の欄干に彫り物が。

こうもりと月。

なんとも風情があるではないですか。

なぜにこうもり?ということなんですが

こうもりは小さい虫(害虫)を食べてくれるので、

田んぼや農業にとっては縁起のいいもの、ということらしいです。



そしてこれ、

一見すると、壁についた小さな収納棚、といったところなんですが

これをよーく見ると、あることに気づくと思います。



そう、曲線なんです。

興味がないとあまり気にならないかもしれませんが

私達はついつい職人目線で見てしまうので、集まった建築士会メンバー

この棚の前でみんなで、めっちゃ盛り上がってました(笑)

「なんでアールにしたのか」といった簡単なことからはじまり

「建具のはまる敷居の溝はどうやって掘ったのか」

「溝切りでは無理だろうから、(そもそも当時溝きりの機械はないだろう)ノミでやったのか」

「建具自体も丸味を付けて作っているのは大変だっただろう」

「納まりもキレイで木が空いたりしていない」 などなど

楽しい時間でした。

まだまだ小浜の町にも、いろいろと発見があるなぁと思いました。

 

2018-06-12 09:27:20

コメント(0)

折りたたむ

青年による新たな企画と消防と毎日ラン

寒い日が続きますね。

我が家は1月はエアコンで暖を取りました。

24時間つけっぱなしにして、室内は基本的に20~22°でした。

なかなか快適です。

1月25日以降はエアコンを止め、今度は薪ストーブで過ごしています。

自宅で実験も兼ねてといったところです。



薪ストーブは薪の確保と火を付ける手間、その後の薪の追加など、手がかかります。

それをめんどくさいと思う方にはあまりおススメはできません。

でもそれを楽しめる方はハマると思います。

我が家は外気温が0°近い最近の室温は

暖房なしで朝起きた時が16~18°、夜の帰宅時もほぼ同等。

昼間日射があると18~20°まで上がります。

外が寒い時や天気の悪い日は14~15°と言った時もありますが

平均すると16°前後かなと思います。

例えば、夜9時頃に薪ストーブに火を付けると、燃え方にもよりますが

10分ほどでストーブ前あたりはほこほこと暖かくなってきます。

うちは吹抜け直下にストーブを設置したので、2階への暖気の移動もあるので

1階全体を22°程度にするには少し時間がかかるようです。

今度時間データを取ってみようと思っています。

スイッチ一つでつくわけではなないので手間はかかるけど

薪を割ったり、並べたり、今日はどの薪を使おうかと考えたり、

自分で火を付けて、今日はうまくいったな~とか、今日はちょっと火付きが悪いな、とか

そんなことを楽しみながら、火を眺めて過ごすのはなかなか贅沢な時間です。


先日、自宅で初めて建築士会青年部の会議を行いました。



メンバーは小浜市内の工務店のにーちゃん達です。

今、ひとつ新たな企画が進行中で、その企画会議です。



殴り書きで見にくいですが、会議で出た意見などをこうしてその場で紙にバーっと書いていくと

けっこういい感じに進行したり、まとまったりするのでおススメです。

いやいや、そんなこと当たり前やろってツッコミが聞こえてきそうですが(笑)

3月くらいにはお披露目できそうなので、完成したらまたご紹介したいと思います。


先日、小浜市でもそこその雪が降りました。

そんな時にいつもやることがあります。

地元消防団に所属している方ならわかると思いますが



消火栓等の雪どけです。

万が一火事になった時、消防車が来て防火水槽や消火栓の位置がわからない

又はすぐに接続できないといったことがないように、積もった雪をどけておきます。

降り続く雪の時は常時というわけにはいきませんが、時間を作っては自分達の地区の消火栓の雪どけをしています。

普段は気にしていないけど、地区内にけっこう消火栓、あるんですよ(^^)


この寒い中、獣たちは夜にちょこちょこ餌を探して山から出てきているようで

今朝も起きると、家の畑や敷地内に



何者かが、歩いた後が・・・これはわかりませんが

他の場所には明らかに、鹿をわかる足跡が残ってます。

寒い中、彼らも大変だ。

いつだったか、夜にインターホンが鳴るので、モニターを見たら鹿が訪ねてきてた

と聞いて笑った覚えがあります。


私毎ですが、昨年大みそか、「1月は毎日走る」と決めました。

ちょっといろいろとあって、今年は気持ちを新たにもっとしっかりしたいと思い

「強い心は 強い体に宿る」と聞いて今年は体を鍛えることを決めました。

腹筋割りたいと思います(笑)

朝や夜、そして雨や雪の時は、トンネルや市民体育館を使い、なんとか時間を作り

ついに迎えた1月31日



確か皆既月食の日だったと思いますが

何とか1カ月毎日ランを達成しました。

最初に高い目標を作りすぎると、挫折することも多いので

1日何キロ走る!とか細かくは決めず、

「毎日走る」として、少ない日は1kくらいの日もありながら3k前後を1カ月。

たしかイチローも言っています。


「大きな目標を達成するためには小さい目標を一つ一つクリアしていくことです

それが高い場所へ行くための唯一の方法です。」


まずは習慣化することを目指して、毎日走り続けました。

それに合わせて、筋トレも少しずつ続けています。

来年の今頃、少しはええ体になっていることを目指して、出来る限りやってみようと思います。

とりあえず若狭マラソンで10kを目標にしようと思います。

いつかハーフやフルも走れたらいいなと思います。
 

2018-02-03 10:50:17

コメント(0)

折りたたむ

ホーローとは…

昨夜はいつもお世話になっている建材屋さんが運営してくれている勉強会でした。

「若手塾」と言いまして、もう10年ほど続いています。

ほぼ毎月1回、何かしらのテーマを決めて開催しています。

10年前は若手だったメンバーもそろそろ中堅、もしくは親方に。

学ぶことに関してはいつまでも若手の気持ちを忘れずに貪欲にいたいと思います。

誰だったかの言葉に

「明日死ぬつもりで毎日を生きなさい そして永遠に生きるつもりで学びなさい」

といったような言葉があったと思います。


昨日は水廻りメーカーのタカラさんを講師に招いての開催です。

タカラさんのキッチンでは上位クラスの「レミュー」がこの度フルモデルチェンジです。

そんな商品説明も兼ねての勉強会でした。

そこで改めて、タカラの特徴である「ホーロー」について学びました。

まとめると下のようになります


簡単にいえば、鉄をガラスでコーティングして焼き付けたものがホーローです。

ガラスですが、叩いても割れません。

鉄にそれほど密着するようにしているのがタカラさんの技術ですね

キッチンや洗面台の引き出しの中、お風呂の壁などをホーローで作っているので

汚れがつきにくく、また落としやすい。

「水廻りはどこがいいですか?」といった質問をよく受けますが

お手入れや掃除に関してなら、タカラをオススメします。

そして意外と見落としがちなところですが

ホーローは鉄を使っているため、磁石がくっつきます。

タオル掛けや子供のおもちゃなど、使い方は多々あると思います。


タカラさんの敦賀ショールームイベントが

9月23日(土) リフォーム展示会

9月30日(土)10月1日(日) ショールーム2周年記念イベント

上記日程で開催されますので、ぜひ会場で実際に体感してみてください。



 

2017-09-07 10:05:32

コメント(0)

折りたたむ

仕事に使える!ipadの使い方を学ぶ

先週は忙しい中、なんとか時間をやりくりして

不定期で開催される工務店仲間の勉強会に参加してきました。

これまでも数回参加させていただいているこの勉強会、実践的で毎回本当に勉強になります。

なんとか時間を作ってでも参加したいと思える会なんです。

今回は横浜の「あすなろ建築工房」様のモデルハウスを会場として

「Ipad」でのプレゼンの仕方や仕事効率化ができる使い方についてでした。



今年完成して話題のあすなろさんのモデルハウス「六ッ川の家」も体感することができました。

横浜の土地は高低差があったり道路が狭かったり、敷地も小浜市と比べて小さく高い

いつも私達が建築させていただく土地はやはり恵まれているなぁと感じました(^^;

あすなろの関尾さんも、この勉強会で度々お会いしているのですが

イケメンでしっかりしている社長さん、私が目標としている人物像の一人です。

このモデルハウスも学んだことを実践し、素晴らしい建築となっています。



モデルハウスを見学しながら一息つき、勉強会スタートです。

静岡の扇建築工房の鈴木社長に教えていただきます。

以前より、この鈴木さんのipadの使い方が気になっていました。

前回教えていただいたノートアプリ、これを使いだして効率が上がりました。

今回はこのアプリを使ったプレゼン方法がメインでしたが

始まると同時に鈴木社長が普段使っているipadの使用法にみんな興味津津!

予定変更して社内の共有化、データ管理、情報共有なども含め

これまで以上にipadを有効に使えるようになる方法をたくさん教えていただきました。

普段から使っているアプリを使用するので、使い方がわかっているのは幸いでした。

これから私もペーパーレスを目指して、いろいろと工夫していこうと思います。

この勉強会の翌日、さっそく写真を撮ってipadで直接書込みする方法を実践。

なんということでしょう!(笑)

めちゃくちゃ便利で印刷や再書き込みの手間も減る!

これは今後も継続決定のテクニックです(^^)

たくさんの可能性を秘めたツールですから、宝の持ち腐れにならないようにしっかりと使い倒していきたいと思います。
 

2016-11-14 14:20:51

コメント(0)

折りたたむ

お仲間見学会in浜松

今週火曜日20日、まさに台風が日本を縦断している時、

台風に追われるように静岡県浜松まで行ってきました。

SNSなどで繋がり、ありがたいことに全国に工務店仲間ができました。

今回は浜松の「樹々匠建設」さんのお仲間見学会に参加させていただきました。

小浜からも思ったよりも近く

敦賀まで車で行ったら、そこから特急と新幹線で2時間で到着です。

浜松駅まで迎えにきていただき、見学会ツアーがスタートです。

まずは建築家 堀部安嗣さんが設計されたクリニックへ。



低く構えられた外観が落ち着きを醸しています。



低いアプローチと玄関を抜けると勾配天井で高くなった待合室へ。

その空間構成が気持ちよく、待合室から庭へと自然と目が奪われます。



待合室にいるだけで病気もちょっとくらい治るんじゃないかって思うような気持ちよさ。

もちろんクリニックとしての機能もしっかりと考えられていて

バックヤードや導線の作り方は大変勉強になりました。

この後、同じく堀部さん設計のクリニック院長の自邸も見学させていただき

思いもかけず堀部物件を実際に体験できたのは貴重な体験でした。



そして「樹々匠」さんの完成物件へ。

静岡で高性能と言えば?と聞くとその答えに必ず名を連ねるであろう樹等々匠さん。

UA値0.43、C値0.3 一種熱交換、樹脂サッシなどなど、高性能は当たり前として

そこからデザインや快適性などを勤勉に追い求めておられます。

同じ工務店として、

いいものを受け入れる懐の深さ、

そしてそれを即実践する行動の早さは見習らわねばといつも思います。



玄関から続くリビング、そしてダイニングキッチンのどこからでも見れる庭が気持ち良い。

バランスよく配置された大木はもちろんのこと、その根元に広がる植栽も

繊細に配置されていて、見ていて気持ち良いものでした。



工務店仲間に見学してもらって評価してもらい

その意見を貪欲に取り込み、さらにブラッシュアップして完成度を高めていく。

いや、ほんま、大木さんすごいっす。



さらに一緒に見学していた大木さんの工務店仲間マルベリーハウスさんのモデルハウスも見学させていただきました。



コンセプトがしっかりとした室内は上品な空間。

そこにちりばめられたこだわりが感じられます。

みんなであれやこれやと建築談義。

聴いているだけで、めっちゃ勉強になるわ~


この日は静岡グルメも楽しむことができて

昼食は静岡名物「さわやか」のハンバーグ。

夕食は浜松餃子を楽しむことができました。

見学会を終了して台風が過ぎ去るまで(?)ワイワイとみんなで楽しんだ夕食。

ほんとに楽しい時間でした。

参考になることをたくさん持ち帰ることができたので

これから自分の仕事に活かしたいと思います。


 

2016-09-24 16:13:47

コメント(0)

折りたたむ

写真勉強会 プロに学ぶ3つのコツ

建築士会青年部若狭支部の勉強会を開催しました。

今回のテーマは「写真」

仕事柄、カメラはいつもカバンに入っていて現場には必ず持って行きます。

工事中はもちろんのこと、

竣工写真などの建物写真は数多く撮影します。

竣工写真をプロのカメラマンにお願いするとお金はかかるけど素晴らしい写真ができます。

できることなら建てた家は全てそうしたいところ。

ただ、お金がかかるのは当然として(これはプロに頼む以上当たり前のこと)

それ以外に

お引き渡しのタイミングや、天気の問題などで

予定した撮影日がいまいちな日になってしまうとちょっと残念。

やはり社内でそれなりに撮影できる者がいれば

スケジュールや天候に左右されることなく、いつでも撮影ができる。

プロに匹敵するのは難しいけれど、少しでもかっこよく、キレイに撮れるようになりたい。

設計のこだわりや、職人さんのがんばったところなども写真で残したい。

そうすることでお客様にも記念になる写真を残していきたい。

と考えてプロカメラマンに講師をお願いして勉強会を企画しました。

講師は、フォトスタジオ「Pasha Lab」(パシャラボ)の長野さん。

長野さんは小浜市で結婚式や各種記念日をはじめとした写真撮影で大人気のカメラマン。

実は私も結婚式のときに撮影をお願いしました。

パシャラボさん Face book

パシャラボさん インスタグラム



「建築写真がうまくなる3つの基本」を教えていただきました。

外観撮影の基本

内観撮影の基本

カメラ操作の基本

今回は基本的なことを重点に抑えていきました。

なんとなく撮るのではなく、気を付けるポイントを教えてもらったので

次回からの撮影で実践していこうと思います。

教えていただいた中で「目線の高さを意識する」という項目。

これまでもそれは意識して撮影してきたつもりだったのですが

「リビングではイスに座った高さ」というのはあまり意識してなかったのを反省です。


今回の勉強会は青年部のみだったので

講師に気軽に質問をしたりと、楽しい感じでやることができました。

「ラーメンをうまく撮るコツ」とか(笑)


パシャラボさん Face book

パシャラボさん インスタグラム

 

2016-09-03 10:21:03

コメント(0)

折りたたむ

インスペクター養成講座

先日、建築士会インスペクター養成講座を受講しました。



タイトルだけ聞いたらなんのこっちゃな資格ですが

これからの日本に必要な資格だと思います。

簡単?にいえば

中古住宅や空家の建物を、ガイドラインに従って基礎的な現況検査をして

構造安全性や日常生活上の支障があると考えられる劣化事象等の有無を把握する

といったことです。

今後は中古住宅の流通等に、インスペクションされていることが必須となるかもしれません。

私達も中古住宅のリフォームをすることはもちろん

購入前に下見を任されることもありますので

こういう資格は必要だと思います。

ただ、名前だけ聞いたら何やらヒーローのような感じですね(笑)



しっかりと判断できるヒーローに変身できるように精進したいと思います。
 

2016-05-09 23:43:49

コメント(0)

折りたたむ

福井駅前がますます変わる

土曜日、建築士会青年部の会議&総会で福井駅前アオッサへ。

福井駅は再開発の真っ最中で

数年前から駅前や施設の建設が進んでいますね。

駅前広場には恐竜のオブジェもあります。

中学高校と私はバスケ部に所属していて

高校の時は電車(当時は汽車だったかな)に乗って福井駅前から

試合会場の高校まで行くこともありました。

その当時から比べたら、駅前の商店街はそれほどでもないですが

駅周辺だけは都会みたいになってきましたね(笑)

福井のような都市は、観光に来て駅周辺で過ごすというよりは

駅を拠点に様々なところへ行ってもらわないことには始まらない。

玄関口としての役割を果たすために、いい影響が出るといいなと思いますが。



4月28日にオープンする「ハピリン」もそのひとつ。

ハピリンン公式ホームページ

今まさに月末の開店に向けて、工事が進んでいました。

会議の会場はこのハピリンから駅を挟んで反対側のアオッサ

アオッサ公式ホームページ


アオッサも数年前にオープンした複合施設ですね。

どちらも似たような施設に感じます(^^;


最大の違いはハピリンは上層階が住宅階となっていることでしょう。

物産展や、商業施設、そして多目的施設などがある点はそれほど変わらないかもしれません。

ハピリン
 福井市自然史博物館分館
 子供の一時預かり施設
 観光案内所


アオッサ
 図書館
 教室などを開く会議室が充実している
 飲食店階がある


それ以外はこれらの違いでしょうか。

使用目的によって使い分けがしっかりできるといいですね。



私達もアオッサの会議室を利用して、県内の会議をする時もあります。


それにしても、駅前施設の印象として、

「ガラス張り好きやな~」

ということ(笑)

今の大型施設の流行りかもしれませんが

ガラス張りの外観、カーテンウォールなどを多様して明るく、開放的なイメージにしていますね。

どれも同じように見える反面、統一感が出ているのはいいことかもしれません。

嶺南からだとあまり福井駅前を利用することはないかもしれませんが

たまには駅前も遊びにいってみてはどうでしょうか(^^)


 

2016-04-09 09:26:00

コメント(0)

折りたたむ

座禅体験

先週の土日、
建築士会の東海北陸ブロック大会で
静岡県は伊豆市修善寺まで行ってきました。

福井からはバスで6時間!
なかなかの距離です。
6時間のバス移動は久しぶりでした。

いろいろと会話も弾みましたが、
しばし落ち着いた頃に、少し新しい住宅のプランニング。
妙にはかどり、ひとついいプランができました。

今回の修善寺で

「座禅」 

初体験してきました。

住職さんの哲学とも言えるお話も聞いていておもしろいものでした。

「いまここ」ということ。

過去も今も、そして未来も、自分は「いまここ」にいるのだということ

それを感じる・・・

過去のことを振り返って、自分はあそこにいたんだなぁと思っても

それは今、「いまここ」にいる自分が思っているのであって

その時の自分はその時の「いまここ」にいたのである

というようなことを聞いて、なんとなくわかったような気もするのですが

要するに、「今を一所懸命生きる」ってことだなと自分で解釈しました(笑)



そして座禅です。

作法を教えていただいて、いざスタート。

畳に直接かと思ったら、画像のように丸い座布団に座るので
足は思った以上に楽です。

時間も20~30分と聞いていたのですが
結論からいえば、すごく早く終わった感じがしました。

本気でまだ5分くらいかと思ったくらいです。

住職さんが、

「自分の体と向き合っていると、あっという間に40分くらい過ぎている」

と言われていましたが

ほんとにそういうものなのかと感じました。

私も始まってしばらくは
仕事のことや他のことを考えていましたが

目を閉じて(といっても少し空けて45度下に目線を向けるのが作法なのでそうして)

自分の体の具合、今どこに力が入っているとか、どちらに傾いているとか

同じ姿勢で、動いていないはずなのに、体がねじれていくような錯覚。

これはきっと体のバランスが崩れているのだろうと感じ、

ではどこがおかしいのか、と自分の体のことをずっと感じていました。

そうこうしているうちに終わりの鐘がなり、25分間があっという間に終わりました。


終わった後は、なんともすっきりした気分。
座禅にハマる人がいる、というのも今ならわかる気がします。

スティーブジョブスも、禅に通じ、自分と向き合う時間を取っていたと聞きます。

なかなか、外部を完全に遮断した自分の時間を取るのは難しいと思うので

朝、子供が起きる前に、

こっそりとやるのもいいかなぁと本気で考えています。


 

2016-02-23 19:38:41

コメント(0)

折りたたむ

スモールハウス完成!

先日、ついに外部工事が始まったとお伝えした

お施主様の希望により、外壁は杉赤身の板で統一することになっていました。
材を揃えるのにちょっと時間がかかったのと、
色見を統一するために、原木から製材してもらい、
搬入されたので、ちょっと含水率が高めでした。

簡単にいえば、水分を多く含んでいたのです。
それをそのまま貼るわけにはいかないので、工場に立てて乾燥させました。

そしてついに、現場に施工できるようになりました。




キレイです(^^)



寒い中、大工が貼っていきます。



納屋に保管されていた木建具も、いい感じに配置され、
腰板の上は漆喰が塗られる予定です。

1年前、建築士会青年部のイベントから生まれた、SH(スモールハウス)計画。

オークションで落札され、少しずつ手が加えられ
そしてついに後は入口が入れば完成というところまできました。

当初、我々が思ったよりもはるかに立派な佇まいとなったSH。

これを完成事例のひとつとして、
次回のイベントから紹介させていただこうと思います。

いや~それにしても本当にいいものになったなぁ。


 

2015-12-17 20:22:04

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3